医療用・食品用シリコーンゴムのメーカー【RikenTechnology(Thailand)】

シリコーンゴムの調達やゴム部品試作のご相談は、(日本人直通)092-250-0166まで。

    ภาษาไทยEnglish日本語

医療用ゴム製品および工業用ゴム製品の成型工場【RikenTechnology(Thailand)】
ホーム > ゴムブログ > 社員研修:工場見学

社員研修:工場見学

社員研修:工場見学

投稿日時: 2017/02/10 12:28

研修開始
研修開始

弊社の製品を実際にアッセンブリ現場で使用されているD社様の工場にお伺いしてきました。
建機に組みこまれる部品、CRやSBR等の工業用ゴムの研修です。
目的は、RIKENのリーダークラスやローカルスタッフ達が「自分達が毎日一体何の製品を生産しているのか」を理解すること。

ゴムがこんなところに!
ゴムがこんなところに!

RIKENが生産している部品は外側からはほぼ見ることができません。
建機の内部に組み込まれているため、メーカー様やアッセンブリ工場、修理屋さん、一部のマニアの方のみお目にかかることがあります。

工場管理のいろは教授
工場管理のいろは教授

工場管理の基本方針、コンセプト等も懇切丁寧に教えていただきました。

一日の生産数の確保のための適切なターゲット設定、モチベーションのキープ、不良品発生時の責任者の明確化、分かりやすい評価基準の設定、そしてそれらをすべて可視化する見える化。

リーダークラスの従業員は、部署内の一般スタッフをうまく配置し目標の数量・品質・納期を達成する必要がありますが、このあたりの考え方は非常に参考になったと思います。


部品活躍中その1
部品活躍中その1

【部品活躍中その1(CAP)】
ハーネスやワイヤーが通るときには必要な穴がありますが、使用しない場合は不要な穴となります。そのままにしておくと雨水や異物が機体内に侵入してしまう恐れがあるため、写真のようにゴムキャップでフタをするそうで、いわばゴール前の守護神です。

部品活躍中その2
部品活躍中その2

【部品活躍中その2(GROMMET)】
ルーフ部分の何かを立てているための土台として部品を支えています。


A. 部品が何に使われているか一切情報がないまま生産するスタッフ
B. 部品の使用用途、使用条件、材料の使用目的、等の生の情報をもとに生産するスタッフ

AB両者ではものづくりのモチベーション、品質意識、仕事のスピード等々大きく変わってくるのではないでしょうか。今回の工場見学で従業員は多くのことを学ばせていただきました。その学習を品質に昇華させ、よりよりRIKENの製品をお客様にお届けしたいと思います。

D社の皆様、また仲立ち下さったU社の皆様、お忙しいなかありがとうございました!

ログイン