医療用・食品用シリコーンゴムのメーカー【RikenTechnology(Thailand)】

シリコーンゴムの調達やゴム部品試作のご相談は、(日本人直通)092-250-0166まで。

    ภาษาไทยEnglish日本語

医療用ゴム製品および工業用ゴム製品の成型工場【RikenTechnology(Thailand)】
製品案内 product
製品案内

クリーンルームで作られる医療用シリコーンゴム・食品用シリコーンゴムパッキンOリングなどのシール材、等…少量多品種のゴム製品はお任せ下さい。
 タイで現地調達をお考え中の日系企業様、日本のお客様、およびタイ現地のお客様を信頼と実績でサポートいたします。

Oリング、パッキン
工業用ゴム
シリコーンゴム

⇒製品案内


設備紹介 equipment
設備紹介

 プレス自動成型機(100t,150t,200t)、クリーンルーム内で練り、裁断、成型、仕上げと一貫生産できるよう充実した設備体制でお客様のご要望にお応えします。スピーディなゴムの試作もご好評をいただいております。

成型設備1
成型設備2
成型設備3

⇒設備紹介


クリーンルーム

 RikenTechnology(Thailand)では、業界に先駆けクリーンルームを導入しました。
 大阪本社工場と同じく、クリーン度10,000クラスを達成。これにより、医療品関係食品関係シリコーンゴムへの対応が可能に。
 ゴムのプレス工程をクリーンルーム内で行っている珍しいメーカーとして、日本やタイ、また東南アジアの周辺国へと部品を供給しています。

医療用シリコン
真空プレス
食品用シリコン

単一の工程ではなく、[シリコーンゴムの練り~裁断~成型~二次加硫~仕上げ~検品~包装]のすべての工程を一貫してクリーンルーム内で行います。


 クリーンルームでのゴム成形はタイでは極めて先進的です。洗練された金型技術とクリーンルームのコラボレーション、是非お試しください。
 医療用、食品用、汎用など、シリコンゴム材料は様々なメーカー品を取り揃えております。小ロットのものも社内で少量から練りができますので、ご相談ください。液状シリコーンゴムも成型可能です。

⇒クリーンルーム


お問合せ contact

 ゴムの試作ならお任せください。タイからお客様のお手元に、最短一週間で直送いたします。
 食品用シリコーンゴム医療用シリコーンゴム液状シリコーンゴム、各種材料を常時保有しており、検討中の部品にピッタリの材料で製造いたします。


 タイからお客様のお手元に、最短一週間で直送いたします。
 開発部の皆様研究所の皆様に、品質・コスト・納期、すべてサポートをさせていただきます。

タイから
一日で
お手元に!
ゴム試作チラシ

⇒ゴム試作フロー


 シリコーンゴム練りサービスも行っております。汎用シリコーンゴム・食品用シリコーンゴム・医療用シリコーンゴム・液状シリコーンゴム、様々な種類のゴム材料に架橋剤や顔料を練り込みお届けします。

⇒シリコーンゴム練り


工程管理 QC
工程管理

 オゾン老化試験機、Keyence画像測定機、熱老化試験機などの最新設備を整え、日本人の専門スタッフが日々試験と検証を行い、お客様の様々なご要望・弊社へのご信頼に応えます。

QC1
QC2
QC3

⇒工程管理


会社案内 company
会社概要

 RikenTechnology(Thailand)は株式会社内村、株式会社関西理研ゴム(本社・大阪)のタイ工場です。

 クリーンルーム内での医療用製品や建機部品のゴム成型において、約50年高い評価をいただいております。日系企業ならではのサポート力で、安心をお届けします。

⇒会社案内


お問合せ contact
お問合せ

 クリーンルームで製造される医療用シリコーンゴム、建機や電線等の工業用ゴム、魔法瓶・水筒パッキン等の食品用シリコーンゴムゴムの試作品など、ゴムのことならお気軽にお問い合わせ下さい。
 皆様の様々な疑問に、日本人担当者が30分以内にお答えいたします。


RikenTechnology(Thailand)Co.,Ltd. 
タイ国外(日本等)から:+66-38-212-354
タイ国内から:038-212-354

担当者直通(Mr.Sawase):
タイ国外(日本等)から:+66-92-250-0166
タイ国内から:092-250-0166

RIKENの強み

説明ページへジャンプします
説明ページへジャンプします

Quality、Cost、Delivery・・・QCDのその先へ。

RikenTechnology(Thailand)は他社ゴムメーカーと比べてどこが強みなのか、わかりやすくまとめました。

⇒RIKENの強み

試作を極める

量産試作
量産試作

頻繁に行われるシリコンゴムの試作、RIKENが選ばれる理由とは?

納期、品質、対応、それだけではなく意外な理由が明らかに。


ゴムの試作の現実について、樹脂成型や押出の金型メーカーの現場でものづくりをしていたSawaseがお答えします!

金型メーカー、ゴムコンパウンダ―、ゴム成型メーカー、それぞれの視点から鋭く解説します。

⇒試作を極める

RIKEN Café

⇒RIKEN Café

PREMIUM Toilet

⇒PREMIUM Toilet

最新ブログ記事

シリコンゴム練りはじめました!

投稿日時 2020/08/19 16:06

営業「もしもし」

お客様「明日ゴム材料が必要なんですが…」

営業「弊社なら可能です!!

同僚「…大丈夫?」

営業「なあに、見てろって。」

営業「もしもし、練り屋さん?」

A社「うちは工業用ゴムだけです」

B社「100kgからです」

C社「ポリマーがないので早くて2週間ですねー」

どこもやってくれねえ!

-翌日-

営業「もしもし」

お客様「今日ですよね?」

営業「ハイ!午後にはお持ちできます!(やべえ!)」


ご安心ください。
RIKENには各種ポリマーと架橋剤を常備しており、
お客様がお求めの材料をコンパウンドし、
小ロット短納期でお渡しできます。

 RIKENTECHNOLOGY(THAILAND)では、シリコーンゴム業界のニッチなニーズに対応し、シリコーンゴムの練りサービスをはじめました!


PM1:00 お電話にてご依頼・打合せ
ポリマー
架橋剤
添加量

厚み
希望納期


PM1:20 練りスタート

シリコーンゴムはホコリ・異物を吸着しやすいため、クリーンルーム内で練りを行い、異物の混入を防ぎます。

分散不良が起こらないよう、丁寧に時間をかけて練ります。


PM1:45 シート出し

お客様指定の厚みに調整

光沢が出てきました

梱包前にキッチリ計量

シリコーンゴム試作状況

投稿日時 2020/06/16 19:44

 タイでは新規感染者0人が続いており、新型コロナウィルスの猛威も収束しつつあります。6/15からは外出自粛命令や飲食店等の制限もさらに緩和され、日常を取り戻しつつあります。

 一方日本⇔タイ間の往復はさまざまな制限があり、事実上制限されたままです。行き来できる日が来るといいのですが。


 年明けからは毎週のように何かの試作を行っています。最近は試作のお問合せお見積り依頼がさらに増えてきており、お客様のご期待に応えられるよう身が引き締まります。

 今回は人気のシリコーンゴム試作について、ミキシング(練り)の部分をご紹介したいと思います。


 今回はモメンティブ社の高引裂材シリコーンゴム【TSE260-5U】に架橋剤をブレンドしたいと思います。
 色はつけませんので、完成はポリマーの元の色の乳白色半透明です。

試作用ですので、1kgだけ。
架橋剤はメーカー推奨配合の0.5%を添加します。

 このようにブロック状のポリマーをロール機に投入し、シート状にならしていきます。
 ポリマーはボソボソしており、はじめのうちはバラバラと受け皿に落ちてきますが、徐々に熱と圧力を加えることによりシート状になってきます。

 架橋剤を添加します。うまく分散するよう、ヘラで複数箇所に塗り付けるようにします。

 このまま約6分、ミキシングを行います。
(この工程で各社の様々なノウハウがあります。)

 スピードは通常7.0程度に設定、練りのスピードと安全性を兼ね備えた速さです。
 他社で15.0-20.0で練っているのを見たことがありますが、ヒヤヒヤして心臓が縮みます。

 シート状にする際に、規定の厚みに調整します。
 今回は9mmの厚みです。

 専用のステンレストレーを用意します。

 最終の厚み調整を行い、

 シート状にしてタグを貼付します。

 ここから裁断工程に送られますが、また次回。


 ここからが一番大事なポイントです!
まずはミキシングロールを分解します。直接材料に触れるところは、毎回分解します。

 MEK(メチルエチルケトン)で全体を拭きます。
 クリーンルーム内シリコーンゴムを扱う珍しい工場として、この工程は象徴でもあり存在意義そのものと言っても過言ではありません。

 弊社ではクリーンルーム内でシリコーンゴムのみのミキシングを行っており、それにより異物の混入を最大限防いでおります。

 確かに毎回の分解は大変ですが、練りの外注との品質の違い、お客様からの信頼を思うと、ここは欠かせないポイントです。


 いかがでしたか?
ゴムの試作をしてみたいけど、実際にどんなところで製品が作られているのか心配だ…」
 というお客様に、当記事は一つの判断材料となるかと思います。
 営業は苦手でコツコツと真面目に工場でものづくりをしておりますので、試作・量産をご検討の際にはお問合せください。

このページを書いた人

RIKENTECHNOLOGY(THAILAND)CO.,LTD.
General Manager Mr. Sawase

まいにちラットプルダウン
ご連絡先:092-250-0166 (タイ国内から)

新型コロナウィルスと稼働状況

投稿日時 2020/03/30 10:25

 新型コロナウィルスが猛威をふるっているなか、皆様のお仕事の状況はいかがでしょうか。健康および経済への影響が懸念されます。
 2020年3月29日タイ保健省の発表では、感染状況は以下の通りです。(カッコ内は日本の厚生労働省発表の同日の数字です、比較用にどうぞ)


○新規症例数:143名(173名)
○累計症例数:1388名(1866名)
○新規死亡者数:1名(2名)
○累計死亡者数:7名(54名)
○累計治癒数:111名(424名)


 タイと日本は現時点では似たような数値です。(検査手法等に相違はありますが。)
 ただ一点違うのは、タイが現在真夏であること。
 最低気温で27-28度、最高気温は36-37度です。
 タイの感染状況から見るに、新型コロナウィルスは耐熱性も兼ね備えているのでしょうか?皆様十分にお気を付けください。

稼働状況

 建設機械向けの工業用ゴム部品は昨年から続く世界経済の後退に加え、今回の新型コロナウィルスによる工場稼働停止等で、生産量は約2割落ち込んでいます。
 来年度(2020/4-)は厳しい状況が続きそうですが、固定費を抑制しなんとかこの難局を乗り越えV字回復を目指します。


 食品用・医療用のクリーンルームでのシリコーンゴム成型は好調で、24時間とまでは行きませんが機械の空きなく通常稼働プラス残業で稼働しております。
 特に納期約一週間での試作が人気で、製品開発部の方に喜ばれております。


逆境をバネに!

 スタッフ全員に医療用のマスクを配布、アルコール消毒と手洗い励行等、従業員の教育に力を入れ外部からの持ち込みをシャットアウトします。

 普段できなかったことができるチャンスです。潜在していた課題を見つけ出し、適材適所に配置し、大切なスタッフを一人も切ることなく乗り切ります。

このページを書いた人

RIKENTECHNOLOGY(THAILAND)CO.,LTD.
General Manager Mr. Sawase

新しい取り組みができワクワクしているゴムメーカーの管理者
ご連絡先:092-250-0166 (タイ国内から)

3分ゴムマット

投稿日時 2020/01/14 12:37

 RIKENのゴムマット、全世界の愛好家の皆様。いつもご愛用ありがとうございます。

 今回は3分でできるゴムマット活用法をご紹介いたします。


ベンチを一つ拝借します

→→→

ゴムマットを置きます
風呂敷で形を整えます
ピッタリに裁断
ダンベルベンチプレス!

 薄いゴムマットは薄っぺらいゴムマット。厚みは7mmから10mm、しっかりと体重を受け止めます。
 RIKENのゴムシート・ゴムマットがあれば、皆さんムキムキになること間違いございません。

 「ゴムマットは、裏切らない!」

このページを書いた人

RIKENTECHNOLOGY(THAILAND)CO.,LTD.
General Manager Mr. Sawase

アマタの脳筋
ご連絡先:092-250-0166 (タイ国内から)

2020年のごあいさつ

投稿日時 2020/01/13 19:02

 2020年明けましておめでとうございます。
 毎年ですが、今年はより一層ゴムブログに注力しようと考えております。今年もよろしくお願いいたします。

 振り返りますと、去年はシリコーンゴム試作(特に医療用)が好調で、様々なお客様に試作品をお届けすることができました。また量産品も堅調に推移しました。


 医師の方医療関係者の方からのご依頼が多かったです。
 試作品をお届けしたあとは、日本の各地方にごあいさつにお伺いさせていただきました。
 なかにはもちろん難しい製品もありますが、お客様に喜んでいただけると本当に嬉しいですね!

2019年試作種類ランキング

1、医療用シリコーンゴム部品(ミラブルシリコーン)
2、工業用ゴム部品(NBR)
3、汎用シリコーンゴム部品(ミラブルシリコーン)
4、液状シリコーンゴム部品
(医療用・メディカルグレード)
5、液状シリコーンゴム部品(汎用)


 RIKENの試作はお客様のおかげで年々グレードアップしており、現在では液状シリコーン(LIM材)も試作できます。小ロットや試作に手が回らない同業の方々からの依頼も多いです(笑)
 近日中に医療用のシリコーンゴムのページを見やすく更新しようと考えております。


このページを書いた人

RIKENTECHNOLOGY(THAILAND)CO.,LTD.
General Manager Mr. Sawase

ゴムマットが手放せない!
ご連絡先:092-250-0166 (タイ国内から)

RIKENTECHNOLOGYへのアクセス

ログイン