医療用・食品用シリコーンゴムのメーカー【RikenTechnology(Thailand)】

シリコーンゴムの調達やゴム部品試作のご相談は、(日本人直通)092-250-0166まで。

    ภาษาไทยEnglish日本語

医療用ゴム製品および工業用ゴム製品の成型工場【RikenTechnology(Thailand)】
製品案内 product
製品案内

クリーンルームで作られる医療用シリコーンゴム・食品用シリコーンゴムパッキンOリングなどのシール材、等…少量多品種のゴム製品はお任せ下さい。
 タイで現地調達をお考え中の日系企業様、日本のお客様、およびタイ現地のお客様を信頼と実績でサポートいたします。

Oリング、パッキン
工業用ゴム
シリコーンゴム

⇒製品案内


設備紹介 equipment
設備紹介

 プレス自動成型機(100t,150t,200t)、クリーンルーム内で練り、裁断、成型、仕上げと一貫生産できるよう充実した設備体制でお客様のご要望にお応えします。スピーディなゴムの試作もご好評をいただいております。

成型設備1
成型設備2
成型設備3

⇒設備紹介


クリーンルーム

 RikenTechnology(Thailand)では、業界に先駆けクリーンルームを導入しました。
 大阪本社工場と同じく、クリーン度10,000クラスを達成。これにより、医療品関係食品関係シリコーンゴムへの対応が可能に。
 ゴムのプレス工程をクリーンルーム内で行っている珍しいメーカーとして、日本やタイ、また東南アジアの周辺国へと部品を供給しています。

医療用シリコン
真空プレス
食品用シリコン

単一の工程ではなく、[シリコーンゴムの練り~裁断~成型~二次加硫~仕上げ~検品~包装]のすべての工程を一貫してクリーンルーム内で行います。


 クリーンルームでのゴム成形はタイでは極めて先進的です。洗練された金型技術とクリーンルームのコラボレーション、是非お試しください。
 医療用、食品用、汎用など、シリコンゴム材料は様々なメーカー品を取り揃えております。小ロットのものも社内で少量から練りができますので、ご相談ください。液状シリコーンゴムも成型可能です。

⇒クリーンルーム


お問合せ contact

 ゴムの試作ならお任せください。タイからお客様のお手元に、最短一週間で直送いたします。
 食品用シリコーンゴム医療用シリコーンゴム液状シリコーンゴム、各種材料を常時保有しており、検討中の部品にピッタリの材料で製造いたします。


 タイからお客様のお手元に、最短一週間で直送いたします。
 開発部の皆様研究所の皆様に、品質・コスト・納期、すべてサポートをさせていただきます。

タイから
一日で
お手元に!
ゴム試作チラシ

⇒ゴム試作フロー


 シリコーンゴム練りサービスも行っております。汎用シリコーンゴム・食品用シリコーンゴム・医療用シリコーンゴム・液状シリコーンゴム、様々な種類のゴム材料に架橋剤や顔料を練り込みお届けします。

⇒シリコーンゴム練り


工程管理 QC
工程管理

 オゾン老化試験機、Keyence画像測定機、熱老化試験機などの最新設備を整え、日本人の専門スタッフが日々試験と検証を行い、お客様の様々なご要望・弊社へのご信頼に応えます。

QC1
QC2
QC3

⇒工程管理


会社案内 company
会社概要

 RikenTechnology(Thailand)は株式会社内村、株式会社関西理研ゴム(本社・大阪)のタイ工場です。

 クリーンルーム内での医療用製品や建機部品のゴム成型において、約50年高い評価をいただいております。日系企業ならではのサポート力で、安心をお届けします。

⇒会社案内


お問合せ contact
お問合せ

 クリーンルームで製造される医療用シリコーンゴム、建機や電線等の工業用ゴム、魔法瓶・水筒パッキン等の食品用シリコーンゴムゴムの試作品など、ゴムのことならお気軽にお問い合わせ下さい。
 皆様の様々な疑問に、日本人担当者が30分以内にお答えいたします。


RikenTechnology(Thailand)Co.,Ltd. 
タイ国外(日本等)から:+66-38-212-354
タイ国内から:038-212-354

担当者直通(Mr.Sawase):
タイ国外(日本等)から:+66-92-250-0166
タイ国内から:092-250-0166

RIKENの強み

説明ページへジャンプします
説明ページへジャンプします

Quality、Cost、Delivery・・・QCDのその先へ。

RikenTechnology(Thailand)は他社ゴムメーカーと比べてどこが強みなのか、わかりやすくまとめました。

⇒RIKENの強み

試作を極める

量産試作
量産試作

頻繁に行われるシリコンゴムの試作、RIKENが選ばれる理由とは?

納期、品質、対応、それだけではなく意外な理由が明らかに。


ゴムの試作の現実について、樹脂成型や押出の金型メーカーの現場でものづくりをしていたSawaseがお答えします!

金型メーカー、ゴムコンパウンダ―、ゴム成型メーカー、それぞれの視点から鋭く解説します。

⇒試作を極める

RIKEN Café

⇒RIKEN Café

PREMIUM Toilet

⇒PREMIUM Toilet

最新ブログ記事

シリコーンゴム新製品立ち上げ

投稿日時 2017/04/12 19:27
サプライヤー様との共同検証
サプライヤー様との共同検証

 おかげさまで4月と5月は新製品の立ち上げが3点あります。今回ご紹介するのは水筒の内側に使用される特殊な形状のシリコーンゴムのパッキンです。
 ゴムの型物製品は何と言っても金型が命!金型の検収、初物検査、表面処理等すべての工程を各サプライヤー様のもとで自身の目で見るようにしています。

 手間も人件費もかかりますが、後々に問題が起こった場合に修正に走り回る労力とは比べればたいしたことはありません。弊社もサプライヤー様もお互いに納得したうえで次のステップに進みたいのです。


特殊なブラストにチャレンジ
特殊なブラストにチャレンジ

 今回はチャチュンサオ県にあるテイクロ様にお伺いしてきました。表面処理のエキスパートとして業界でも最先端の技術と検証能力を持ち、各車メーカーとの直取引を長く続けています。
 通常のサンドブラストではなく、バリ溝の部分を傷めない特殊なメディアでのブラストにチャレンジしました。

検証アンド検証!
検証アンド検証!

 ブラスト具合を拡大鏡で確認。マシニングセンターによる若干のカエリが除去され、よりシャープなバリ溝に仕上がっていました。さすがテイクロ様!
 金型を見てからわずか5分程度の社内検証で、弊社の要望を見事に実現していただきました。中村社長の熟練の技術には脱帽です。


金型の取り付け
金型の取り付け

 [お客様の図面⇒平岡タイランド様での金型作成⇒テイクロ様での表面処理]とバトンはつながり、弊社RIKENまでたどり着きました。ここから先はゴム成型メーカーの腕の見せ所です。
 工場で準備していたスタッフにより、到着した金型はすぐにプレス機に取り付けられます。ここまでの工程をミスなく乗り越え、初物(T.1)を一日でも早く届けることが、第一のミッションです。

 試作の出来はすこぶる良好、いつもながら餅屋の餅はさすがです。今回のT.1はしっかりこなすことができましたが、この先のT.2や量産開始に向けて、さらなる流動の解析などRIKEN社内でまだまだ改善できる部分があります。
 お客様に満足していただいたのちも、品質の安定・事故の未然防止・材料の無駄削減等さまざまな課題があります。三方良しを実現する真の完成形に、残された期間でどれだけ近づけられるかが勝負です。

このページを書いた人

RIKENTECHNOLOGY(THAILAND)CO.,LTD.
General Manager Mr. Sawase

HPのKAIZEN活動に毎日邁進するゴムメーカーの管理者
ご連絡先:092-250-0166 (タイ国内から)

ドライアイスブラスト

投稿日時 2017/03/24 18:36
ドライアイスブラスト
ドライアイスブラスト

 本日は最近流行の兆しが見られる「ドライアイスブラスト」を試してみました。
 トライにご協力いただきましたS社様、ありがとうございました。個人的な感想ですが、特徴としては以下のようになるでしょうか。

長所:
・金型を降ろすことなくその場で作業できる。
⇒メンテナンス時間の短縮

・処理後は気化するため、他のブラストのように入り組んだキャビティにメディアが残ることがない。
⇒洗浄後はすぐに量産に移れる。※樹脂やガラス等のブラストの場合、念のため不要なシリコーンゴムでキャビティを洗ってから量産を再開します。

・金型の表面を傷つけず、マスキング不要で恐れず打てる。
⇒表面が意匠面の場合でも容易に洗浄できる。

短所:
・一般的な汚れは取ることができるが、強くこびりついた汚れや浸食したサビは落とすことができない。
・都度ドライアイスを入れて使用するため、ランニングコストがかかる。
初期投資コストがかかる。必須ではなく他の方法で代用が効くため、費用対効果が見えにくい。


 

ブラスト前
ブラスト前
ブラスト後
ブラスト後

クリーンルームの成型風景

投稿日時 2017/03/09 20:22

本日もクリーンルームシリコーンゴムを成型しています。
まずは真空自動プレス機、制御盤の点検から。

今日は新人スタッフの教育も行っています。


シリコーンゴム材料の裁断を行います。
ゴム材料の厚みは厳密には一定でなく、わずかの寸法の狂いがバリ厚や製品に影響を及ぼすことがあります。
細心の注意を払い裁断し、精密な重量計を使い均一な重量になるよう調整します。


金型の取り付けを行っています。
シリコーンゴム製品の99%は金型で決まる、と言われるほど大事なもの。
金型を制するものがゴムを制す!


金型上の各キャビティの検査をしています。
金型表面のほんのわずかな汚れや傷がゴム製品にとって命取りとなることがあります。
クリーンルーム内の専属QCスタッフが、常に監視を怠りません。


おかげさまでクリーンルームは好調に稼働しています。
シリコーンゴム部品のご用命は、是非RIKENまで!

日本からでもタイからでもどうぞ。

このページを書いた人

RIKENTECHNOLOGY(THAILAND)CO.,LTD.
General Manager Mr. Sawase

HPのKAIZEN活動に毎日邁進するゴムメーカーの管理者
ご連絡先:092-250-0166 (タイ国内から)

サイトリニューアル開始します

投稿日時 2017/02/14 12:34

2017/2/14から3/14まで、サイトリニューアルを行います。
本サイトは社員のSawaseが仕事の合間に片手間で製作していますが、期待しているクオリティにはまったく届いていません。

ここはひとつ本腰を入れて、土台の部分を根本から考え直す必要があります。
初めてご覧いただく方、ゴムに関心のある方に対して有益な情報発信となっているかどうか、原点に還ります。

リニューアル期間中はCSSをいじるため、表示が不可解に崩れることがある等ご不便をおかけするかもしれませんが、生まれ変わったRIKENページを皆さんにお見せするつもりです。


構想としては、1ヶ月で以下の変更を行う予定です。

・クオリティの低いページ、コンテンツの削除もしくは改善
突貫工事で作ったページも多く、作り込みが充分でないコンテンツがあります。
例)FAQのページでは中学生の参考書のような一問一答形式になっており、それが一行で完結しています。一行で満足されないお客様も多いと思いますので、そういった閲覧者のためにマニアックに改変します。
対象:全ページ

・新コンテンツの作成
そのページがお客様や閲覧者の方のほうを本当に向いているのかどうかを改めて考え、新コンテンツを作ります。
どういった人がゴムを製作しているのか、その管理をしているのか、個人情報保護の観点は理解しつつも、ある程度の情報公開は必要と考えます。
⇒例)「サイト作成者や管理方法について」作成

本ページは新規のお取引先様だけでなくサプライヤーの方も閲覧されます。
⇒例)「サプライヤーの皆様へ」作成

・コンテンツの集約
大カテゴリをあまり増やさず、簡略化してサイトを見やすくします。2クリック以内に目的のページにたどり着けたらいいなと考えています。


 改装中はご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 2017/2/14 Sawase

社員研修:工場見学

投稿日時 2017/02/10 12:28
研修開始
研修開始

弊社の製品を実際にアッセンブリ現場で使用されているD社様の工場にお伺いしてきました。
建機に組みこまれる部品、CRやSBR等の工業用ゴムの研修です。
目的は、RIKENのリーダークラスやローカルスタッフ達が「自分達が毎日一体何の製品を生産しているのか」を理解すること。

ゴムがこんなところに!
ゴムがこんなところに!

RIKENが生産している部品は外側からはほぼ見ることができません。
建機の内部に組み込まれているため、メーカー様やアッセンブリ工場、修理屋さん、一部のマニアの方のみお目にかかることがあります。

工場管理のいろは教授
工場管理のいろは教授

工場管理の基本方針、コンセプト等も懇切丁寧に教えていただきました。

一日の生産数の確保のための適切なターゲット設定、モチベーションのキープ、不良品発生時の責任者の明確化、分かりやすい評価基準の設定、そしてそれらをすべて可視化する見える化。

リーダークラスの従業員は、部署内の一般スタッフをうまく配置し目標の数量・品質・納期を達成する必要がありますが、このあたりの考え方は非常に参考になったと思います。


部品活躍中その1
部品活躍中その1

【部品活躍中その1(CAP)】
ハーネスやワイヤーが通るときには必要な穴がありますが、使用しない場合は不要な穴となります。そのままにしておくと雨水や異物が機体内に侵入してしまう恐れがあるため、写真のようにゴムキャップでフタをするそうで、いわばゴール前の守護神です。

部品活躍中その2
部品活躍中その2

【部品活躍中その2(GROMMET)】
ルーフ部分の何かを立てているための土台として部品を支えています。


A. 部品が何に使われているか一切情報がないまま生産するスタッフ
B. 部品の使用用途、使用条件、材料の使用目的、等の生の情報をもとに生産するスタッフ

AB両者ではものづくりのモチベーション、品質意識、仕事のスピード等々大きく変わってくるのではないでしょうか。今回の工場見学で従業員は多くのことを学ばせていただきました。その学習を品質に昇華させ、よりよりRIKENの製品をお客様にお届けしたいと思います。

D社の皆様、また仲立ち下さったU社の皆様、お忙しいなかありがとうございました!

RIKENTECHNOLOGYへのアクセス

ログイン