医療用・食品用シリコーンゴムのメーカー【RikenTechnology(Thailand)】

シリコーンゴムの調達やゴム部品試作のご相談は、(日本人直通)092-250-0166まで。

    ภาษาไทยEnglish日本語

医療用ゴム製品および工業用ゴム製品の成型工場【RikenTechnology(Thailand)】
製品案内 product
製品案内

クリーンルームで作られる医療用シリコーンゴム・食品用シリコーンゴムパッキンOリングなどのシール材、等…少量多品種のゴム製品はお任せ下さい。
 タイで現地調達をお考え中の日系企業様、日本のお客様、およびタイ現地のお客様を信頼と実績でサポートいたします。

Oリング、パッキン
工業用ゴム
シリコーンゴム

⇒製品案内


設備紹介 equipment
設備紹介

 プレス自動成型機(100t,150t,200t)、クリーンルーム内で練り、裁断、成型、仕上げと一貫生産できるよう充実した設備体制でお客様のご要望にお応えします。スピーディなゴムの試作もご好評をいただいております。

成型設備1
成型設備2
成型設備3

⇒設備紹介


クリーンルーム

 RikenTechnology(Thailand)では、業界に先駆けクリーンルームを導入しました。
 大阪本社工場と同じく、クリーン度10,000クラスを達成。これにより、医療品関係食品関係シリコーンゴムへの対応が可能に。
 ゴムのプレス工程をクリーンルーム内で行っている珍しいメーカーとして、日本やタイ、また東南アジアの周辺国へと部品を供給しています。

医療用シリコン
真空プレス
食品用シリコン

単一の工程ではなく、[シリコーンゴムの練り~裁断~成型~二次加硫~仕上げ~検品~包装]のすべての工程を一貫してクリーンルーム内で行います。


 クリーンルームでのゴム成形はタイでは極めて先進的です。洗練された金型技術とクリーンルームのコラボレーション、是非お試しください。
 医療用、食品用、汎用など、シリコンゴム材料は様々なメーカー品を取り揃えております。小ロットのものも社内で少量から練りができますので、ご相談ください。液状シリコーンゴムも成型可能です。

⇒クリーンルーム


お問合せ contact

 ゴムの試作ならお任せください。タイからお客様のお手元に、最短一週間で直送いたします。
 食品用シリコーンゴム医療用シリコーンゴム液状シリコーンゴム、各種材料を常時保有しており、検討中の部品にピッタリの材料で製造いたします。


 タイからお客様のお手元に、最短一週間で直送いたします。
 開発部の皆様研究所の皆様に、品質・コスト・納期、すべてサポートをさせていただきます。

タイから
一日で
お手元に!
ゴム試作チラシ

⇒ゴム試作フロー


 シリコーンゴム練りサービスも行っております。汎用シリコーンゴム・食品用シリコーンゴム・医療用シリコーンゴム・液状シリコーンゴム、様々な種類のゴム材料に架橋剤や顔料を練り込みお届けします。

⇒シリコーンゴム練り


工程管理 QC
工程管理

 オゾン老化試験機、Keyence画像測定機、熱老化試験機などの最新設備を整え、日本人の専門スタッフが日々試験と検証を行い、お客様の様々なご要望・弊社へのご信頼に応えます。

QC1
QC2
QC3

⇒工程管理


会社案内 company
会社概要

 RikenTechnology(Thailand)は株式会社内村、株式会社関西理研ゴム(本社・大阪)のタイ工場です。

 クリーンルーム内での医療用製品や建機部品のゴム成型において、約50年高い評価をいただいております。日系企業ならではのサポート力で、安心をお届けします。

⇒会社案内


お問合せ contact
お問合せ

 クリーンルームで製造される医療用シリコーンゴム、建機や電線等の工業用ゴム、魔法瓶・水筒パッキン等の食品用シリコーンゴムゴムの試作品など、ゴムのことならお気軽にお問い合わせ下さい。
 皆様の様々な疑問に、日本人担当者が30分以内にお答えいたします。


RikenTechnology(Thailand)Co.,Ltd. 
タイ国外(日本等)から:+66-38-212-354
タイ国内から:038-212-354

担当者直通(Mr.Sawase):
タイ国外(日本等)から:+66-92-250-0166
タイ国内から:092-250-0166

RIKENの強み

説明ページへジャンプします
説明ページへジャンプします

Quality、Cost、Delivery・・・QCDのその先へ。

RikenTechnology(Thailand)は他社ゴムメーカーと比べてどこが強みなのか、わかりやすくまとめました。

⇒RIKENの強み

試作を極める

量産試作
量産試作

頻繁に行われるシリコンゴムの試作、RIKENが選ばれる理由とは?

納期、品質、対応、それだけではなく意外な理由が明らかに。


ゴムの試作の現実について、樹脂成型や押出の金型メーカーの現場でものづくりをしていたSawaseがお答えします!

金型メーカー、ゴムコンパウンダ―、ゴム成型メーカー、それぞれの視点から鋭く解説します。

⇒試作を極める

RIKEN Café

⇒RIKEN Café

PREMIUM Toilet

⇒PREMIUM Toilet

最新ブログ記事

ゴムブログ再開します

投稿日時 2018/03/10 13:36

 ゴムブログ、再開いたします。
 サーバーとドメイン移転の問題で今後の運営をどうしようか考えているうちに長い時間が経ってしまいました。
 工場のほうは順調に改善活動が進み、特に最近では自主的にスタッフが改善案を提言してくれるようになりました。


 シリコーンゴムを成型しているクリーンルーム、お客様にごひいきにしていただき、相変わらず好調に稼働しています。従業員も室温が低く労働環境がいいこともあり、離職率が大変低く管理者としても助かっています。

安全講習と筆記試験

投稿日時 2017/10/28 13:20

 SOMPOタイランド社がサポートする安全講習を弊社にても実施しました。
 RIKENのあるアマタナコーン工業団地は朝夕と残業終了時の夜8時頃、通勤のバイクと車で混雑します。事故を見かけたことも1度や2度ではなく、弊社の従業員も工場のそばで事故をしたことが何度もあります。

Work Change

投稿日時 2017/09/05 10:32

 本日は約半年ぶりとなるWork Change。男性スタッフ、女性スタッフの仕事を交替し、それぞれの技術について学ぶという工場内の取り組みです。

⇒前回の記事はこちら


 この取り組みには様々な狙いがありますが、その一つとして社内のコミュニケーションの向上が挙げられます。教える側、教わる側が相互に言葉を交わし、ミッションである「独力で1サイクルを行う」を達成せねばなりません。
 


 またお互いの作業の大変さを理解し合うことで、不要な人間関係の軋轢を生みださないようにします。オフィスでも工場でも、ほんのささいなことから人間関係が崩れ、納期対応や品質に影響してしまうことがあります。



 今月RIKENでは試用期間(4ヵ月)のスタッフがゼロになり、全員が正社員となりました。スタッフの出入りの激しいアマタナコン工業団地において、従業員の安定・離職率の低減には稼働当初から苦心してきました。一時はあきらめそうにもなりましたが、こういった一つ一つの取り組みを積み重ね、職場のいい雰囲気づくりをしていきます。工場見学の際は是非スタッフにもお声をおかけください。

工業用ゴムの製作現場

投稿日時 2017/08/26 10:56

 当ブログではシリコーンゴムの記事が多いのですが、本日は工業用ゴム製品の製作現場をご紹介します。
 主に建機部品の防振ゴム、グロメット、ブッシング、キャップ等を生産しています。画像の製品は建機と色を合わせたクロロプレンゴムのキャップです。


 工業用ゴムの種類はCR、SBRがメインで、その他EPDMやNRを使用しています。いずれもエンドユーザー様の厳格な独自規格をクリアーし承認されている材料で、かつ受入時に常態物性対候性等の検査を行って初めて生産が開始されます。

 一方クリーンルームではシリコーンゴムのみを使用しており、写真のように工業用ゴム成型現場とは完全に隔離された状態で清浄度を保っています。

 ご興味がおありでしたら、是非一度工場をご訪問下さい。従業員一同お待ちしております。

このページを書いた人

RIKENTECHNOLOGY(THAILAND)CO.,LTD.
General Manager Mr. Sawase

工場のKAIZENと高脂血症に苦悩するゴムメーカーの管理者
ご連絡先:092-250-0166 (タイ国内から)

 本日は新規分野のシリコーンゴム製品の試作。寸法に非常に厳しい製品で、バリをいかに薄くするか、脱型をいかに効率的に行うか、等お客様とともに条件出しを行いました。
 お客様がエンドユーザー様と詳細を打合せして下さっており、課題を解決することができました。ありがとうございます!


 今月末には同分野の製品がもう1点、医療用途の製品の試作が1点、来月初めには新規分野の試作がさらに1点と試作・研究が目白押しです。様々な分野のお客様から頼られるのはありがたいことで、一つ一つ課題を克服していくようにします。製品が違うと必要とされる考え方も大きく変わってきますので、各製品ごとに1年生のつもりで臨みます。


 今回は金型の定期メンテナンスを行いました。表面のわずかな傷も黒点も許容されないシリコーンゴム製品がありますが、その金型はゴムの内部に含まれる不純物離型剤等によりどうしても汚れてきます。
 今回はテイクロ様の超音波洗浄機秘密の薬剤にて洗浄を行いました。


「金型を制する者は、ゴム成型を制す。」
RIKENのスタッフは、金型に特に気をつけています。
 また見た目がキレイな金型で成型することはスタッフのモチベーションがキープできるうえ、それがひいては製品の品質にも影響します。
 クリーンルームでの成型でもちろん品質は向上しますが、最も大事なものは(=ものづくりに対する心掛け)ではないかと考えています。

 各業界の要求水準は年々厳しくなっています。現在では先進的な「クリーンルームゴ×ゴム成型」10年後にはスタンダードになっているかもしれません。その際にRIKENが後発よりはるか先にいられるよう、ハードではなくソフトを強化していきます。


このページを書いた人

RIKENTECHNOLOGY(THAILAND)CO.,LTD.
General Manager Mr. Sawase

スタッフの教育マシーンと化したゴムメーカーの管理者
ご連絡先:092-250-0166 (タイ国内から)

RIKENTECHNOLOGYへのアクセス

ログイン