医療用・食品用シリコーンゴムのメーカー【RikenTechnology(Thailand)】

シリコーンゴムの調達やゴム部品試作のご相談は、(日本人直通)092-250-0166まで。

    ภาษาไทยEnglish日本語

医療用ゴム製品および工業用ゴム製品の成型工場【RikenTechnology(Thailand)】
製品案内 product
製品案内

クリーンルームで作られる医療用シリコーンゴム・食品用シリコーンゴムパッキンOリングなどのシール材、等…少量多品種のゴム製品はお任せ下さい。
 タイで現地調達をお考え中の日系企業様、日本のお客様、およびタイ現地のお客様を信頼と実績でサポートいたします。

Oリング、パッキン
工業用ゴム
シリコーンゴム

⇒製品案内


設備紹介 equipment
設備紹介

 プレス自動成型機(100t,150t,200t)、クリーンルーム内で練り、裁断、成型、仕上げと一貫生産できるよう充実した設備体制でお客様のご要望にお応えします。スピーディなゴムの試作もご好評をいただいております。

成型設備1
成型設備2
成型設備3

⇒設備紹介


クリーンルーム

 RikenTechnology(Thailand)では、業界に先駆けクリーンルームを導入しました。
 大阪本社工場と同じく、クリーン度10,000クラスを達成。これにより、医療品関係食品関係シリコーンゴムへの対応が可能に。
 ゴムのプレス工程をクリーンルーム内で行っている珍しいメーカーとして、日本やタイ、また東南アジアの周辺国へと部品を供給しています。

医療用シリコン
真空プレス
食品用シリコン

単一の工程ではなく、[シリコーンゴムの練り~裁断~成型~二次加硫~仕上げ~検品~包装]のすべての工程を一貫してクリーンルーム内で行います。


 クリーンルームでのゴム成形はタイでは極めて先進的です。洗練された金型技術とクリーンルームのコラボレーション、是非お試しください。
 医療用、食品用、汎用など、シリコンゴム材料は様々なメーカー品を取り揃えております。小ロットのものも社内で少量から練りができますので、ご相談ください。液状シリコーンゴムも成型可能です。

⇒クリーンルーム


お問合せ contact

 ゴムの試作ならお任せください。タイからお客様のお手元に、最短一週間で直送いたします。
 食品用シリコーンゴム医療用シリコーンゴム液状シリコーンゴム、各種材料を常時保有しており、検討中の部品にピッタリの材料で製造いたします。


 タイからお客様のお手元に、最短一週間で直送いたします。
 開発部の皆様研究所の皆様に、品質・コスト・納期、すべてサポートをさせていただきます。

タイから
一日で
お手元に!
ゴム試作チラシ

⇒ゴム試作フロー


 シリコーンゴム練りサービスも行っております。汎用シリコーンゴム・食品用シリコーンゴム・医療用シリコーンゴム・液状シリコーンゴム、様々な種類のゴム材料に架橋剤や顔料を練り込みお届けします。

⇒シリコーンゴム練り


工程管理 QC
工程管理

 オゾン老化試験機、Keyence画像測定機、熱老化試験機などの最新設備を整え、日本人の専門スタッフが日々試験と検証を行い、お客様の様々なご要望・弊社へのご信頼に応えます。

QC1
QC2
QC3

⇒工程管理


会社案内 company
会社概要

 RikenTechnology(Thailand)は株式会社内村、株式会社関西理研ゴム(本社・大阪)のタイ工場です。

 クリーンルーム内での医療用製品や建機部品のゴム成型において、約50年高い評価をいただいております。日系企業ならではのサポート力で、安心をお届けします。

⇒会社案内


お問合せ contact
お問合せ

 クリーンルームで製造される医療用シリコーンゴム、建機や電線等の工業用ゴム、魔法瓶・水筒パッキン等の食品用シリコーンゴムゴムの試作品など、ゴムのことならお気軽にお問い合わせ下さい。
 皆様の様々な疑問に、日本人担当者が30分以内にお答えいたします。


RikenTechnology(Thailand)Co.,Ltd. 
タイ国外(日本等)から:+66-38-212-354
タイ国内から:038-212-354

担当者直通(Mr.Sawase):
タイ国外(日本等)から:+66-92-250-0166
タイ国内から:092-250-0166

RIKENの強み

説明ページへジャンプします
説明ページへジャンプします

Quality、Cost、Delivery・・・QCDのその先へ。

RikenTechnology(Thailand)は他社ゴムメーカーと比べてどこが強みなのか、わかりやすくまとめました。

⇒RIKENの強み

試作を極める

量産試作
量産試作

頻繁に行われるシリコンゴムの試作、RIKENが選ばれる理由とは?

納期、品質、対応、それだけではなく意外な理由が明らかに。


ゴムの試作の現実について、樹脂成型や押出の金型メーカーの現場でものづくりをしていたSawaseがお答えします!

金型メーカー、ゴムコンパウンダ―、ゴム成型メーカー、それぞれの視点から鋭く解説します。

⇒試作を極める

RIKEN Café

⇒RIKEN Café

PREMIUM Toilet

⇒PREMIUM Toilet

最新ブログ記事

ブログスタート

投稿日時 2014/03/11 10:18

当HPをご覧下さいまして、ありがとうございます。
RikenTechnology(Thailand)のSawaseが、従事しておりますゴムの物性試験をメインにブログを書きます。

耐油試験(浸せき試験)
耐油試験(浸せき試験)

たとえば、こちらが耐油試験です。近年は様々な液体に対する耐性を調べる機会が増えたことから、浸せき試験(oil immersion test)と呼ばれています。

NBRというゴムの耐油性を確認するため、JIS規格の細かな規定(試験油の種類・量・温度・時間、寸法の測定方法等)に基づいて試験をします。

RIKENTECHNOLOGYへのアクセス

ログイン